不調改善のヒント・・歩行のピッチ

受講生の方がこの頃、歩くと膝や腰などにに痛みがでる、と仰るときに、チェックして頂く一つにテンポがあります。(実は私も時々あります(^-^;)

 

自然な正しい歩行から見ると、だいたいピッチが速くなっています。

 

ピッチが速くなると

 

 

蹴りが出なくなり、股関節が開かなくなる!

 

更に伸び伸びせず、視線も下がりがちになりますね。。

 

 

すると・・

 

ふくらはぎが使われなくなったり、股関節が開かなくなり、詰まりを感じたり

 

ペタペタ歩くので後ろ脚で保持するというか、粘るという感じの時間がなくなり、着地の衝撃も増えていきます。

 

視線が下がって重力に抵抗する、抗重力筋を使わなくなると、さらに左右のぶれも出ます(´;ω;`)

 

自然で正しい歩行のリズムは

 

1分間に100拍前後  (90~110)

 

試してみると、ちょっとゆっくりに感じるかもしれませんね。

 

実は心肺蘇生でも、このくらいがオススメだそう。

曲でいうと、福山雅治「虹」中島みゆき「地上の星」あたり。

 

ヒトの運動連鎖でいうと、振り子となる腕の重みで前に進んでいく形になるため、ピッチはゆっくりになるのです。

 そして足の裏が全部つく時間はわずか。コロンと転がっていくイメージ。

 

 

エボリューションウォーキングエクササイズ

   バックサポート壁Ver.。

 

腕が自然に出るように、そして全身の繋がりから自然な蹴りにつなげる

 

更に中心の感覚も得られます

 

 

私はこの右手前のパターンが苦手なのですが、これを

20秒程度行うと、バックハンドストロークのテイクバックがしっくりきます。

 

背骨から、逆側の捻りが出ている長年の習慣は時々リセット集中タイムが必要です。

 

前後バランス

 

ローラー二本Ver.でやっていますが、床でももちろん大丈夫。

 

前足かかと立ち、後ろ足つま先立ち。案外難しいです!

 

苦手パターンや、力の入らない場所もわかりやすい。

またまた

バックサポート

 

つま先立ちで静止3~10秒

 

 

足が弱く、変形もある私は苦手です。。(泣

崩れた歩行だと、使い過ぎの筋肉、関節の角度、逆に使わなすぎの部分が出ますね。

 

更に傾きもでます。

 

たまにはゆっくり、のびのびと歩いてみてくださいね❕

自然で正しい姿勢と歩行と動きのポイントレッスン配信中