肩こり、首こり方にチェックしてほしいこの動作

こんにちは

東京小金井のピラティストレーナー箕田泉です。

以前はテニスコーチをしたり、全国大会や全日本ベテランテニスを目標に試合に出ていましたが、膝の手術・リハビリの失敗から断念😿歩くのも大変な日々から脱出させてくれた理学療法士・中村尚人氏のピラティス・ウォーキングメソッドを皆さんにお届けしています💪

長年使ってきた私たちアラフィフ世代のカラダ。痛みや不調を出さずに、快適にかる~く動けるようにサポートさせて頂いています💛

 

  

以前、グループレッスンにご参加くださっている方に、肩や首がいつもこってる・・姿勢や歩行は気をつけているんだけど・・という方がいらっしゃいました。

 

クラスの常連の方で、確かにしなやかさや伸びが出てきて、少し左右差はありますが、歩行もまずまず。

 

そこでパーソナルレッスンを受講して頂き、拝見すると、これ❕ということが・・

少し練習して、翌週に様子を伺うと「本当に楽になったぁ🎵」とおっしゃっていました。

 

肩こり・首こりは慢性的になっていると、仕方ないかな・・なんて諦めてしまっていませんか❔

もしかしたら、こんな小さなポイントをチェックすることで、改善するかもしれません❕

肩こり・首こりにお悩みのようでしたら、ぜひ読んでみてくださいね💛

 

こんな内容です。

◆肩こり・首こりの方にチェックしてほしいこの動作

◆肩こり・首こりを予防する、振り向き方のコツ

◆まとめ



肩こり・首こりの方にチェックしてほしいこの動作

 

 

ずばり、コレ❕

 

振り向き方

 

こんな感じに振り向いていませんか❔

 

別に何が良くないか分かりにくいのですが、あごを引いて振り向いているのがNGなんです。

 

あごを引いて振り向くと、胸からの連動がなくなり、首の筋肉に過剰な負担がかかってきます🥵

右側の外国人の女性のように、運転時、車庫入れの時などに振り向きにくさを感じたり、グキッと来た・・なんていう方も時々いらっしゃるようですね🙄

 

左側のザ・日本人の女性(笑)、人相悪いですよね🤪

 

肩こり・首こりのチェックポイントは振り向き方なんですね!

 

「振り向き方のコツ❗️

これを知らなかったり、左右差あると、肩や首の不調が出やすいです😓


 

 

肩こり・首こりを予防する振り向き方のコツ

 

 

では、肩や首に負担の少ない振り向き方ってどんなでしょうか❔

 

まず、思い出したいのが、自然で正しい姿勢の「ニュートラル」

 

 


 

頭頂部を手やローラーで押して、伸びていけばいいのでしたね!

 

膝立ちで足を浮かせると、股関節が自然にいい位置に入ってきます。

 

 

グリッポンベースという支えを使うと、こんなふうにローラー上で行うこともできます。

 

頭をこの位置から振り向くことが大切です☆

そして、胸から振り向くように連動させることも大事☆

 

頭頂を軸どおりに正しく伸ばしながら振り向くと、ちょっと上を見ながら振り向く感じになります。。芝居がかった人?みたいに思われるかも~😅ですが。。

不調のあるあるパターンは、人相悪い感じで、下から見上げる形。😒😒ザ・日本人私の最初の写真の形ですが、、ついやりがちなんです。こうなっている方、多いんですよ😅

 

また、片方に振り向く時だけあごを引く、左右差のある方も多いんです。

何の気なしに振り向いて左右差含め、チェックしてみてくださいね。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか❔

 

肩こり・首こりの今日のチェックポイントは振り向き方でした!

 

ポイントは

🌟ニュートラルで胸から振り向いているか・あごを引いていないか

🌟左右差はないか

でした。ぜひチェックしてみてくださいね😉

 

オンラインレッスン・対面レッスンでは、振り向きやすさを作る土台から作り、本当にわくわくと動けるカラダを作ってますよ!