肩こり・肩の痛み予防のチェックポイント3つ

こんにちは‼️
今日は、肩のこり、痛みが慢性化している。。😓もんだりしても、すぐ戻ってしまう・・という方に。。
気になる方はぜひチェックしてみて下さいね✏
では行ってみましょう
チエックしたいこと3つです。とおまけです。
①頭の位置
②腕の挙げ方
③肩を引かない
④お客様の事例

肩こり・肩の痛みチェックポイント❶頭の位置

おなじみですね(笑)
頭の位置👶
✔視線を遠くにして、首の前にも後ろにもシワのない位置でゆらゆら。
✔奥歯は噛み締めない。2~3ミリ離れています。
頭が前に出ていたり、無理に顎を引いて、肩こりという方、多いですよね。
頭の位置は視覚も関係するので、いい位置での視界に慣れることも必要です👀上から目線に慣れにくい謙虚な方は特に。。😅

肩こり・肩の痛みチェックポイント❷腕の挙げ方

ここは挙げ方をお伝えしますね。
手のひらを上にして、腕を遠くに伸ばしたら、肩より上に肘が来るあたりから、胸も持ち上げ、胸から上を見ながら腕を挙げる。(首の後ろは潰さないようにしましょう)
試しにゆっくり痛みが出ないよう、手の甲を上にして腕を挙げると、肩が詰まると思います。
くれぐれも傷めないよう気をつけてください。
写真はFRPエクササイズ、「スイミング オンローラー」のテニスアレンジバージョンです。

 

こちらは「マーメイド」

 

腕が肩より上にきたあたりからは、胸から上を向いていきます。

 

 


肩こり・肩の痛みチェックポイント❸肩を引かない

③肩を引かない⛔
普段から、レッスンで姿勢・歩行でお伝えしたり、エクササイズでも気をつけて頂いてますが、日常で歩いたり走ったりする中で、どうしてもクセが出ていることがあります。
後ろなので、意外に修正が難しいのです😓

いかがですか??左写真は、腕が後ろの時、肩甲骨の間にしわができてしまってないですか?
(安全に分かりやすい写真を撮るため、両方とも、通常歩行より、腕を軽く曲げています)
歩行では、胸から腕が前に出て、腕の重みで前に進むのが自然🍀
(前に進むのに、肩を引くのは非効率的ですよね😉)
腕はだらんと下げた所から、みぞおちから体幹を捻るくらいで試すと、脇の下には空間がありますね。
この方向以上に背中の真ん中に近づかないことが大事!

お客様の事例

ピラティスセッション3年以上の方。
当初は肩甲骨の間の痛みに加え、繰り返す腰痛・足首の痛みなどに悩まされていましたが、姿勢・歩行・動き方の改善で、そうした不調から解放されていました。
しかし、、
肩甲骨の間の慢性的な痛みはどうしてもでてしまう、とのこと。
毎回の歩行チェックでは、肩の引きはほとんどなし。
ところが、オンラインレッスン中に、ものをとりに行く、という普段の何気ない動作で、肩を引いているのを目撃して、あーー、そこそこ!!とチェック
数日後、ようやく「肩の痛み、出なくなりました~」とご報告♬
気づけなかった部分があり、長くかかってしまいました。そのくらい、意識しにくいクセもあります。
常に全力でできるだけ早くの改善を目指していますが、その方の状況によって、お時間がかかることもあります。いろいろなアプローチで感覚をもって頂き、再発しないカラダに目指すお手伝いを続けます