アラフィフの方の事例・見落としがちな腰痛原因。ここに注意!

ひどくないから気にしてないけど、わりといつも腰が重くなったり、少し痛みがある。。

腰痛対策にピラティスやトレーニング、ヨガをして、かなり良くなったから、まあいいか🤠

歳だしね~・・

 

実はそんなこと、ありませんか❔

 

 

 

こんにちは

東京小金井のピラティストレーナー箕田泉です。

以前はテニスコーチをしたり、全国大会や全日本ベテランテニスを目標に試合に出ていましたが、膝の手術・リハビリの失敗から断念😿歩くのも大変な日々から脱出させてくれた理学療法士・中村尚人氏のピラティス・ウォーキングメソッドを皆さんにお届けしています💪

長年使ってきた私たちアラフィフ世代のカラダ。痛みや不調を出さずに、快適にかる~く動けるようにサポートさせて頂いています💛

 

オンライングループレッスンの時にメンバーさんからまさにそんなお話がありました👂

 

料理していると少し腰が重くなるの・・時間長いからねー・・

以前悩悩んでいた、腰痛や背中の痛みは、とても良くなっている、調子が悪い時は対面パーソナルも受講されている方だったので、私もちょっとびっくり。

 

さらに、他の方も

「私もそうそう~私は洗い物かな❔」と盛り上がるじゃないですかっ😱

 

少し痛みが出たり重くなったりがいつものことだから、気にしていない、ということだったようです。

 

以前に比べたら、好きなことにチャレンジできるくらい痛みが出なくなっているし、いいじゃない🥴ということで、話題にしてなかったみたいですね。(この日はいろいろ突っ込んで伺ったので、出てきたんですね)

でも、そのちょっとが筋肉だけでなく、だんだん骨の変形など、回復しない故障に繋がる恐れもあります。

 

今日は、ひどくはないけれど腰痛・腰が重くなる、という方に読んで頂きたいです。

 

原因がわかれば、姿勢や動き方を変えて、腰痛にサヨナラできること、多いですよ👀

それに、私のように戻せない故障に至るのを、避けられる・あるいは一日でも先にできるかもしれない。

私は腰痛もちなの~、歳だから仕方ない、と諦めずに、ちょっとしたことをチェックしてみませんか❔

 

◆腰痛の原因を探すヒント・いつ出るかを振り返る

◆腰痛が出やすいのはこの時!

◆めざせ腰痛撃退!姿勢と動きのコツ

◆まとめ

 

 

 

腰痛の原因を探すヒント・いつ出るかを振り返る

 

腰痛がいつ出ますか❔

 

✔お仕事の途中?

✔長く歩くと?

✔台所?

✔掃除機がけ?

✔お風呂掃除?

✔スポーツ?

✔朝起きた時

 

 

 

 

こんなふうに細かく分けていきたいですね!

それぞれの動作を改善していくのです。

 

メンバーさんの中には、ウオーキング・ペットのえさやり・お風呂掃除などでの腰痛を既に解消してきた方もいらっしゃいます。

 

で、今回はコレでした😱

台所!

 

 

 

腰痛が出やすいのはこの時!

料理や洗い物の真似をしてもらったら、こんな感じ。

他の人を思い出すと、ちょっと見慣れた図だったりしません?

腰が丸く、おへその裏の少し下や、背中全体が頭や腕の重みを引っ張る力で支えています。

腰に負担の来やすい体勢。ももの前に重心が集中するため、私は膝も痛くなります。


ちょっと頑張ってる人に見えるかな❔

けれど、重力を体がきちんと分散させて受け止めているんです。お腹が上の方に伸びて頭を支え、関節に負担の少ない姿勢です。

 

 


めざせ腰痛撃退!姿勢と動きのコツ

 

家事そのものは習うけれど、家事の姿勢や動作は習いませんよね。

長年崩れた姿勢での毎日家事をしたことによって、伸びる腹筋や、背中の筋力が不足しているので、このいい姿勢をキープするのも大変のようです💦

 

そんな方に効果的エクササイズは・・・

❶伸びる腹筋

❷腕上げスクワット

 

 

❶伸びる腹筋&ツイスト


 

毎度おなじみ・伸びる腹筋。

 

頭の後ろに組んだ手を肘から前に押し出し、頭は抵抗して後ろへ、股関節は引き込んだまま、できるだけ後ろに倒します。(私は背中が固いので、あまり反れてない💦)

腹筋が後ろへ倒れまいと働くので、力がつきます。実は負荷の高い遠心性収縮、というのが起こっています。

 

右の写真はそこからさらにツイストです。

 

 

❷腕上げスクワット・オンローラー

 

腕をできるだけ遠くに上げて行うスクワット。

腕の重さを支える背中の力も養います。

ものを持ったり、両手を左右に動かしたりすることで、実際の家事動作に近づけると、より効果的💖

 

 

床の上でも構いません。ローラー上は重心の位置がずれるとすぐにわかるため、私は使います。

けれど、バランスだけに集中せずに、動きを正確に行うためにも「グリッポンベース」という固定グッズを使います。

 

 

 

この他、かつて腰痛原因となっていた例がある、モップ、掃除機(ペットの餌やりもこのエクササイズです)

 

対角に力をきちんと使い、体の軸を整え、歪みを改善していきます。

 

 

ショックアブソーバー・片脚スクワット

まとめ

 

いかがでしたか❔

 

腰痛の原因として、家事の姿勢や動作が意外に多いんですね。

 

ごはんづくりや片付けは、忙しい時かもしれませんが、痛みなく、好きなことをできるカラダづくりに、整体やマッサージに時間をとるより、簡単かもしれませんよ。

 

ぜひ一度気をつけてみてくださいね!

 

今日もありがとうございました💛