テニスのサービス・スマッシュ安定に。視線もチェック!

 

去年の今頃は新型コロナのため、試合の中止がほとんどでしたが、今年は少しずつ開催されています。

それでも、緊急事態宣言が発令されると、中止・もしくは延期になることもあり、ベテランテニスプレーヤーも気をもむところですね😶

 

 

こんにちは

東京小金井のピラティストレーナー箕田泉です。

以前はテニスコーチをしたり、全国大会や全日本ベテランテニスを目標に試合に出ていましたが、膝の手術・リハビリの失敗から断念😿歩くのも大変な日々から脱出させてくれた理学療法士・中村尚人氏のピラティス・ウォーキングメソッドを皆さんにお届けしています💪

長年使ってきた私たちアラフィフ世代のカラダ。痛みや不調を出さずに、快適にかる~く動けるようにサポートさせて頂いています💛

 

🎾さて、また生徒さんから優勝報告がありました🎉🏆🎵

 

1月予定されていた試合が延期で、先日行われたのです。

🎾🎉大会2連覇✌おめでとうございます💖🎉

 

でも、気持ちを盛り上げるのには苦労したそうです。

楽しみにしていた1年ぶりの試合が延期・・がっかりもしますよね😰

気分が乗らないと、テニスのプレーも何か調子が出ない・・

 

そんなこと、ありませんか❔

 

今回は優勝した後のレッスンでしたが、あれ❔いつもと違う・・と気づいたことがあります。

それは・・視線‼👀

 

視線って想像以上に、その時の気持ちや生活パターンなどから影響受けて、染みついてしまうものなんです👀

そして、想像以上にプレーのパフォーマンスや体調にも影響したりするんですよ😲

 

ということで今日はこんな内容です🎾

 

◆視線が体とテニスに与える影響

◆視線の影響を受けやすいのはサービスとスマッシュ!

◆テニスのサービスとスマッシュにおすすめ!視線エクササイズ

◆まとめ

 

 

 

視線が体とテニスに与える影響

 

これは、よく言われることと、私のこれまで見てきた経験や事例からの内容ですが、こんなことが言えます。

 

視線は気持ちや生活パターンに影響受けやすい

 

よく言われることですが、元気な時は姿勢がシャキッとして、視線も上がります。

逆に元気がないと下がってしまいますね。。👀

 

でも、それだけでなく、一カ所を見つめることが多い状況が続くと、動きにくくなります。

特に下を向く作業が続いたときの影響が出やすいという印象です👀

 

下を向く作業が多いと、首が前に出て、一生懸命になると、肘から上が内回しになる方も多いので、肩も前に出がちです。。

そして、猫背姿勢になってしまいます。

 

もう1つ!眠っている時に、自然に目が上に行かなくなるので、首こり・肩こりの原因になっていることもあるんです。睡眠の質にも影響ありますよね。。

 

猫背姿勢が固定化すると、背中の筋肉が伸びたまま、血流が悪く固い状態で、胸やあばらが上を向きにくくなります。

 

そこから胸を引き上げるのには、まず柔らかくするのに一苦労💦

 

胸の柔らかさがないと、伸びて、関節の負担が最も少ないニュートラルがとりづらくなり

体の軸もブレていく・・

 

こんな状態では、スポーツパフォーマンスも上げにくいですよね。

 

 

 

視線の影響が特に出やすいのはサービスとスマッシュ!

 

前項でお話した通り、

  • 私たちは下を向く作業が多く、上を向く機会が少ない
  • 作業に一生懸命になると、腕が内回し(上腕内旋)になりやすく、するとさらに頭が前に出やすくなる
  • ますます上を向かなくなるから、胸が固くなり、体全体が丸くなったり、重力に抵抗する筋肉、抗重力筋が働きにくくなる。
  • 抗重力筋が働きにくくなると、軸がぶれやすくなる。 

ということで、サービスとスマッシュに影響が出やすいのですね。


 

だからレッスンでは

胸周りの他に、視線もうるさーくいうんですね😉

 

テニスのサービスとスマッシュにオススメ!視線エクササイズ

 

テニスのサービスとスマッシュにオススメの視線エクササイズはこの2つ。

 

ブックオープニングス

 

  • 横向きに寝て、膝を曲げ、頭と座骨で伸びあいます。
  • 腕を遠くに前に押し出します。
  • 骨盤を前に向けたまま指先を天井~後ろへ。胸を後ろに向ける所までで、肩は引きません。視線は指先を追います。
  • 腕を頭の方まで回し、前に戻ります。

 

※肩を引くと、痛みが出たりしますので、胸を動かしている意識で。

※肩を引きやすい方は、鎖骨のあたりに手をおき、肘を遠くに押し出すようにしながら後ろに持っていくと、肩の負担が出にくい正確な動きをしやすいです。

 

 

ヒンジバック

こちらは腹筋ですが、同時に視線も効果的にきたえられます。

 

  • 頭頂部を押し、頭でそれを押し返しながら後ろに倒れます。すると、背中の形は変わらず、倒れるのを止める腹筋の力が働きます。
  • 腕を肩の前に伸ばし、できるだけ遠くに上から回しながら胸から後ろを向きます
  • また、上を通して前に戻します。

 

 

視線は常に指先を追います!

速さを工夫することで、競技向けトレーニングにもなりますね!

 

。。。テニスをあまりできてない私も速いテンポをやらなきゃ!です。

 

テニスピラティス、好評です💛