お客さまのお声・今までできなかったエクササイズがが簡単に

 

この写真、痛々しい・・💦

 

 

こんにちは

東京小金井のピラティストレーナー箕田泉です。

以前はテニスコーチをしたり、全国大会や全日本ベテランテニスを目標に試合に出ていましたが、膝の手術・リハビリの失敗から断念😿歩くのも大変な日々から脱出させてくれた理学療法士・中村尚人氏のピラティス・ウォーキングメソッドを皆さんにお届けしています💪

長年使ってきた私たちアラフィフ世代のカラダ。痛みや不調を出さずに、快適にかる~く動けるようにサポートさせて頂いています💛

 

テニスピラティスのパーソナル3回目の方から、興奮気味の報告が入りました🎵

 

トレーナーにウオーミングアップのエクササイズを勧められたんだけど、全然できなかったんです・・

でも、ピラティス始めたら、急にできるようになって、トレーナーも「なんでやねん!!」てビックリしてましたよ~🤩

 

ということで、今日はそのエクササイズをご紹介しますね😉

こんな内容。。

 

◆できなかったテニスのウオーミングアップと理由

◆テニスのウォーミングアップにはこの方が効果的

◆まとめ

 

では、いってみましょう。

 

 

 

できなかったテニスのウオーミングアップと理由

 

 

できなかったエクササイズとは、こちら。

上げた脚の股関節を、前で胡坐のように外回し・後ろで手にタッチするように内回しにして、股関節を柔らかくするというもの。。私もやったことがあります。

 

でも、バランスがとれなくて、できなかったそうです。。

 

ピラティスを習ってできるようになった理由は、ずばり

伸びて、体の軸が整い、中心が分かるようになってきたから

なんですね。

 

私は、つかまってやったりもしましたが、なかなか力が入りにくかったし、その後動きやすさを感じることもあまりなかったです・・💦

 

このエクササイズは

 

❶バランスが取れないと、脚の動きに集中できない。

❷苦手な向きほど、力を入れる感覚が入りにくいので、効果的でない。

 

こんな難しい理由があります。

 

 

 

テニスのウォーミングアップにはこの方が効果的

 

 

こういった股関節の動きは、どこかが地面や壁、体のどこか別の部分などについて、力の方向が分かる方が、やりやすいですよ🎵

 


 

右の内回しは、さらに足の重さもあるので、弛みやすいです。

 

でも!

ウオーミングアップならば、立って行うことも多いですよね。。そこで!

 


イチロー選手もよく行っていた左の写真。脚を押しまわす感じにすると、さらにいい感じ🎵

 

右の写真は、軸足の上で骨盤が動くことで、股関節が動きます。上げた脚を外・内に振ります。

 

軽く掴まってもいいですが、できるだけ股関節が片足立ちの位置にあるように(内転位といいます)。

 

 

 

おまけ。

この方もきちんと意図を知って、正しい位置で行えば、効果のあるトレーニングになるのにね。。

 

肘を傷めたり、肩がこりそうですね・・💦よくない見本の写真?

 

 

まとめ

 

いかがでしたか❔

 

どうしてもできなかったり、効果を感じられないエクササイズがあったら、ポイントをもう一度確認したり、他のエクササイズのがいいのかな❔と、早めに相談してみてくださいね!

 

そして!

ピラティスは10回で気分が変わり、20回で見た目が変わり、30回ですべてが変わる

 

このピラティス氏のこの言葉より、今はもっと効果は早い部分が多いとも思いますよ😉